保険適用になる基準とは?

包茎手術でも保険適用になるケースは存在する

包茎手術というと、ほとんどの場合自由診療となるのですが、中には健康保険適用での手術となる場合もあります。
例えば真性包茎やカントン包茎の場合には、放置しておくことで健康を害するおそれがあるので、保険適用で手術ができます。この場合には加入している健康保険を使って数割負担の医療となります。しかしながら包茎の中で病的な包茎というのは稀であり、多くの場合、外観の向上のために包茎手術をすることになるので、費用は全額自己負担です。包茎でお悩みの方は、まず自分がどのタイプの包茎なのかを医師にチェックしてもらのが適切です、チェックしてもらうことで病的なものなのか、あるいは放置しても大丈夫なものなのかを判断してもらえます。

包茎手術は格安でできる

包茎手術は保険適用されない場合でも、格安で出来るケースは存在します。
まず学生が包茎手術を受ける場合には、そうでない人に比べて数割程度費用が軽減されます。もちろん学割を受ける場合には、学生証や在学証明書などが必要になりますが、その書類を提出するだけで割引が可能です。また包茎手術そのものを安価な値段で引き受けてくれるクリニックが意外と多く、包茎で悩んでいる方でも安心してそのようなクリニックで手術が受けられます。包茎手術の方法は、クリニックや医師の治療方針で変わってきますが、患者さんに痛みがないように配慮された手術方法を採用していますから、何処のクリニックに行っても治療の際に苦痛を感じることはありません。

真性包茎と仮性包茎の違いは、亀頭に被った包皮を自分で剥けるのが仮性、剥けないのが真性です。真性は仮性とことなり病気のリスクもある危険な状態です。病院でも真性だけは病気と認められ、保険が適用されます。

© Copyright Fully Retracted. All Rights Reserved.